YES-SEO - 用語解説(キャッシュ)

お問い合わせ・お見積もりはこちら

YES-SEO

用語解説

トップ用語解説 > キャッシュ

素敵なビジネスパートナーを探しています。営業代理店募集中! SEOサービスの販売代理店を随時募集しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積もりはこちら



キャッシュ

前に見たサイトの情報を一時的にPC内に保存しておくことで、次回同じページを閲覧した際に高速でページを表示したり 一度入力した情報を再表示させたりすることができる機能。


<2011/07/07 追記>
キャッシュというのは便利ですが、時に混乱を招く事があります。 サイトを更新したのに古いサイトのキャッシュが残っていて ブラウザでサイトを見ても変わっていないとかもありますしね。

でも、SEOで一番「キャッシュ」で興味深いのは、検索結果(SERP)に表示されているリンクですね。 Googleの検索結果にサイトのURLが記載されていると思います。 URLの隣に「キャッシュ」ってリンクがありますよね?


ちなみに「SEO対策」で検索した際に表示されるyes-seo.netのキャッシュはこれです
下記の内容が記載されていると思います。
***************************************************
これは Google に保存されている http://yes-seo.net/ のキャッシュです。
このページは 2011年7月2日 06:47:42 GMT に取得されたものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 詳細
ハイライトされているキーワード: seo 対策
***************************************************

いかがでしょう。
日付を見る事でそのサイトにいつ頃クローラーがきたか目安になりますね。
日付が古ければ古いほど、Googleからするとどうでも良いサイトなのかな?
と思ったりします。
クロール日が古いイコール、クロールの優先度が低いという事だと思いますしね。

更に言うと、ハイライトされているキーワードにも注目したいですね。
これってGoogleがどのように単語を認識しているのかがわかります。
「SEO対策」は「SEO」と「対策」でバラバラの言葉で認識していると思われます。

え? そんなの知ってどうなるかって?
「形態素解析」とかでググってみてください。
もしかしたら無理の無いキーワード選定のヒントになるかもしれませんよ。
SEOマニア、SEOギークに片脚を突っ込みましょう。




前のページへ戻る