YES-SEO - 用語解説(グーグル八分)

お問い合わせ・お見積もりはこちら

YES-SEO

用語解説

トップ用語解説 > グーグル八分

素敵なビジネスパートナーを探しています。営業代理店募集中! SEOサービスの販売代理店を随時募集しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積もりはこちら



グーグル八分

スパム行為をおこなったなどの何らかの理由で、グーグルのデータベースから削除されてしまう状態。
グーグルの検索結果に表示されなくなる。



<2011/07/13 追記>
いわゆるGoogle八分と言われるサイトを丸ごとインデックス削除する対応はSEOスパムにたいする牽制です。

Google八分される具体的な理由は、隠しテキストや有料リンクがほとんどです。 有料リンクでGoogle八分を受ける事は稀で、第三者からGoogleに通報された場合がほとんどのようです。 隠しテキストは画面非表示になっているテキスト量次第で、こちらも通報された場合が多いようですね。 GoogleはアルゴリズムだけでGoogle八分をする事はあまり無さそうですね。

Google八分を受けてもSEOに絶望するのはまだ早いです。

Google八分をされても悪い部分を改善し、 Googleウェブマスターツールで再審査リクエストを送ると すぐにペナルティーを解除してもらる事もあります。 悪い事をしても正していけばそれで良いのではないかと思います。

しかし、悪質度が高い場合は永久的にインデックス削除されます。 海外では悪質なスパムを行っていたサイトがアップされているサーバーが 丸ごとインデックス削除されたりもしているそうですが、 日本では流石に話しを聞かないのですね。 日本のどこかにもサーバー丸ごとインデックス削除されたところがあるかもしれませんが、私は聞いた事がないです。 もしもあるのであればどなたか教えてください。



ちなみに弊社で2008年〜2009年頃に保有していたサイトで、 かなり過激なバックリンクの実験をしていたらドメイン単位でインデックス削除された経験があります。 それらのドメインは2010年頃に放流済みで、現在は新しい保有者がサイトをアップしています。 しかし、残念ながらそのドメインはいまだにGoogle八分されたままなのかGoogleにインデックスされていません。 もしも今のドメイン保有者がなんでインデックスされないんだと悩まれていたら心が痛みます。



前のページへ戻る