YES-SEO - 用語解説(キーワード出現率)

お問い合わせ・お見積もりはこちら

YES-SEO

用語解説

トップ用語解説 > キーワード出現率

素敵なビジネスパートナーを探しています。営業代理店募集中! SEOサービスの販売代理店を随時募集しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積もりはこちら



キーワード出現率

サイトの中に上位表示したい単語(キーワード)が表記されている回数、全体のテキスト量に対する割合のこと。

<2011/07/11 追記>
数年前はキーワード出現率が5%ぐらいが良いとか言われていました。
しかし、これはあくまで当時の参考値ですね。
現在のGoogleのアルゴリズムは状況が異なりますし、今後も変化していくと思われます。

普通に文章を書いていれば重要なキーワード(SEO対策を行うようなキーワード)の出現率は自然と2~5%ぐらいになる事が多いです。 キーワード出現率が極端に低いとSEOキーワードとページの関連性が低く、 バックリンクの効果も満足に得られないので上位表示が難しくなるのは確かです。 メインのSEOキーワードで出現率が1%以下などの場合は調整して頂く事がほとんどです。 逆にキーワード出現率が5%や10%を超えていても、文章を読んで不自然に感じなければ特に変更しない場合もあります。

しかし、テキストコンテンツで最も重要なのはキーワード出現率ではありません。
検索ユーザーにとって有益な情報があるかどうかです。
検索エンジンは検索キーワードにたいして理想的な返答を上位表示する事が重要なので当然ですね。

もちろんロングテールを考慮したテキストを狙って書いていくのも重要ですが多少コツが必要かもしれません。 この件はまた別の機会に書ければ幸いです。

前のページへ戻る