YES-SEO用語集 ナチュラルリンク

お問い合わせ・お見積もりはこちら

YES-SEO

用語解説

トップ用語解説 > ナチュラルリンク

素敵なビジネスパートナーを探しています。営業代理店募集中! SEOサービスの販売代理店を随時募集しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積もりはこちら





ナチュラルリンク Natural Link

<2012/01/10 SEO用語集追加>
ナチュラルリンクとは、ウェブマスターやSEO会社の自作自演ではなく第三者から貼られるリンクのことを指す。 自然リンクとも言う。

Googleなどの検索エンジンがバックリンクを検索順位決定の指標のひとつにしたのは、 サイトに書いてある内容が検索ユーザーのためになる物なのか判断ができないので、 ”リンクが多く貼られているサイトは人気がある≒ユーザーのためになるサイト”になるのではないかという仮説が大きな理由だと思われる。

SEOという言葉が無い時代は自作自演で大量にリンクを貼るウェブマスターもほとんど居なかったはずなので、 この仮説はかなり有効な指標になっていたはずだが、検索エンジンからの流入があるとビジネスになると気づいた人間は 検索エンジンで上位表示するために自作自演リンクを行うようになり、 検索エンジンからアルゴリズムのアップデートなど対策を行われ、単純なリンクの多さだけでは上位表示ができなくなっている。

どのように自然か不自然か判断しているかは公開されていないが、 ある程度同じような形のリンクが多くなるとフラグが立ち、 更に同じようなリンクが増えたり、アルゴリズムが更新されて判断基準が変わると、 それ以上は同じようなリンクが増えても評価されないか、マイナス評価を受けるようになるのではないかと推測している。

そこで重要になっているのが検索エンジンから不自然だと思われないリンク、ナチュラルリンクだ。 ナチュラルリンクは大量な自作自演リンクとは違い様々な形式で貼られる場合が多いので、 アルゴリズムで先述したような評価をされる可能性が低い。 より安定した順位を求める場合、ナチュラルリンクも多く得る必要があると思われる。

しかし、ナチュラルリンクはどんなサイトでも得られる訳ではない。 インターネットビジネスと親和性が低い業種のサイトになると更に可能性は低くなる。 仮に自作自演リンクで上位表示し露出が増えたとしてもリンクを貼る理由が無ければナチュラルリンクは得られない。

検索エンジンは検索ユーザーの助けになるようなサイトを上位表示させることでサービスの価値が高まる。 上位表示してもナチュラルリンクが増えないようなサイトは検索結果に対して価値があまりないサイトとも言えるのではないだろうか。 ナチュラルリンクを得ることを目指すのであれば、 人の役に立つコンテンツを準備するのは必須で、 その上でナチュラルリンクを獲得するための取り組みを行ったほうがより効果的だと考えられる。



(参考サイト)
ナチュラルリンクを獲得するための4つの動機
http://www.seo-searchengine.net/deadseo/

GoogleのSEOに効果的なナチュラルリンクを獲得する方法
http://seoblog.seosearch.biz/?eid=4




前のページへ戻る