YES-SEO - 用語解説(small Keyword)

お問い合わせ・お見積もりはこちら

YES-SEO

用語解説

トップ用語解説 > スモールワード

素敵なビジネスパートナーを探しています。営業代理店募集中! SEOサービスの販売代理店を随時募集しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積もりはこちら



スモールワード

比較的狭い概念や意味を持つキーワードのこと。
逆に広い概念、意味を持つキーワードはビッグキーワードと言う。
(例:ビッグワード「ダイエット」に対し「ダイエット ワセリン」はスモールワード。)

例えば、「メインキーワード+複合キーワード(例:ダイエット+ワセリン)」という検索語句で上位表示したいと考えているとします。
このような、競争力の低い複合キーワードだと、他にSEO対策をしている所が少なく、少しSEO対策を施せば難なく1位を取れるでしょう。検索エンジンを利用する人はメインとなるキーワードに加えて、複合しているキーワードで検索している方も多いので、お客様のサイトにあったキーワードを調べていけば、ライバルサイトは減り、上位表示しやすくなります。

<2011/08/12 追記>
しかしながらスモールキーワードやビッグキーワードにミドルキーワードと、それぞれ線引きが明確ではない。 人によってはビッグキーワードに見えたりミドルキーワードに見えたりもする。 これまでSEO業界はかなり守秘的な会社が多く、上方の共有や統一をしてこなかったので SEO会社によっても言い回しが異なる場合が多く存在している。

更には時代の流れでキーワードの価値が上がったり下がったりする事もあるのを忘れてはいけない。 その価値が変った事を知るタイミングも各々違うのも人によってキーワードの印象が異なる理由の1つだろうか。 また、ロングテールなどでスモールキーワードと言われている物にも 難易度の高いキーワードは存在している。 SEOとは非常に奥深いである。

前のページへ戻る